About "sandblasting art”

サンドブラストガラス工芸とは

サンドブラストはコンプレッサーで圧縮した空気を使って、細かな砂を吹きつけ、
表面を削り落とすことで絵柄などをだす技法です。

ガラス表面は、細かな砂粒があたり”すりガラス”の状態になります。
彫りだしたい絵柄やモチーフはマスキングすることによって
砂のかかるところ(けずる)と、かからないところ(のこす)を作りだして制作します。

彫り方のこだわり

色ガラスに彫る・・・一般的な彫り方と彫刻的な彫り方の違い

簡単な図案でご説明すると、例えばこちらのちょうちょ。

単彫り
≪単彫り≫Normal sandblasting

サンドブラスト体験、市販(量産)品、名入れなどで目にする削り方


同じ型紙からつくっていますが、雰囲気がだいぶ違います。

≪当工房での彫り方≫My works

・「ぼかし」
・「段彫り(重なりを表現)」
・「かすみがけ」(やわらかな効果線など)
など

当工房での作品では、柔らかなぼかしを出す技法をいれることで、手彫りならではの風合いをいれています。

色ガラスは、特殊なガラス生地を使うのですが、市販のグラスに彫ることもできます。

透明なガラスに彫る・・・一般的な彫り方と彫刻的な彫り方の違い

簡単な図案でご説明すると、例えばこちらの金魚。
一般 金魚
≪単彫り≫Normal sandblasting

サンドブラスト体験、市販(量産)品、名入れなどで目にする削り方


≪当工房での彫り方≫My works

・ぼかし彫り(透明度を微妙に残す)
・沈め彫り
・逆レリーフ(深彫り、立体彫り)など

市販生地もガラスの形(美しいライン)や、使いごこち(厚みや割れにくさなど)、機能(食洗器OKなど)にこだわったものを厳選して使用して作っています。

ご希望のガラスに彫ることも可能です。
高級ガラスから、100円ショップのものでもOKです。
※ガラスの厚さや凸凹具合、グラスの湾曲具合(ストレートのものなら何でもできますが、ワインブラスのようにまるみのあるものは使えるマスキングシートが限られているため)で難易度や彫り方、彫れるモチーフが変わりますのでご相談ください。


ガラス生地・素材について

被せ硝子(きせがらす)について

色のあるガラスは、ペイントではなく、
2層の硝子でできている「被(き)せガラス」というものです。
表面を削って絵柄を出しています。

赤なら銅で、ピンクなら金で、
ガラスの色は化学反応で作り出された、「ガラスそのもの」の色味なので、
永遠に色あせることなくお楽しみいただけるのが安心です。

切子の素材として使われているものと同じで、当工房では窯元から取り寄せて制作しています。


灼熱の窯の下、ひとつひとつ職人が手作業で作り上げていくガラス生地。
当工房は、生地を受け取り、加工装飾する工房です。
そのバトンを受け、お客様のお手元にお届けする前の、最終工程の責任をもって、
私も大切に作り上げたいと心がけ、日々精進しております。

作品づくりの流れをご紹介します

  1. 下絵準備=ガラスの素材と図柄案、絵の大きさを決定します。
    (Drawing )

2.シート制作=専用シート等(マスキング)に転写します。
(Making masks)

3.転写した線を手でカットします。
※文字や飾り枠、細かなモチーフ、再現性の必要なモチーフ、大量生産時などは 機械で正確にカットしたり、専用のUVシートフィルムなど、厚手のゴムなど数種類のマスキングシートを使い分けて制作します。
(Hand or machine cutting)

4.=サンドブラスト工程=先に削る部分をはがして、ブラスト機の中へ ※ぼかし具合は、削られる様子を確認しながら、 丁寧に砂をかけていきます
(Sandblasting in the box)

[左]
モチーフの周りを削り落とします。(通常のサンドブラスト製品はこの工程で終わることが多い。)

[中央]
私は周りのブラスト部分と透明のキラキラ部分との差異が浮かないように、絵柄部分にも砂をかけ、まわりとなじませる

[右]花(実)の部分の丸いところだけ、ピンポイントでぼかし&ハイライトをいれて色をおとし、ナチュラルに仕上げる。
削り落とす厚さはごく薄く、ミリ以下の作業になります。

(I use special sandblasting method to make gradations & overlapping parts)

5 .仕上げに,砂の荒さを変えて表面をならし、
さらに研磨シートを数段階つかって、ひとつひとつ丁寧に磨きをかけて仕上げます。
(※薬品を使用する酸洗いは行っておりません。すべて手磨き仕上げです。)
(Polishing by Hand ,Never use chemical polishing for your health)

底の金魚は立体彫り。光が入るとよりきれいに映える。

6.最後のラッピング包装まで大切にしています。

お誕生日のお祝いや、結婚、還暦、退職祝、開店お祝いなどご用途を教えていただければ、それに合うような包装をさせていただいていますので、ぜひご用途も教えてください。
(Special wrapping for you)

Oiwai glassのメイキング動画にしてみました


サンドブラストへの想い

サンドブラスト加工は、数千年の「ガラスの歴史」の中では比較的最近のもの(1800年代後半)です。
名入れや簡単なすりガラス模様でしか認知されておらず、
ガラス工房にはどこにもおいてはあるものの、
実際に工芸といえるような複雑な加工をしているところは多くないようです。


私が、初めて体験教室で行ったところは、
サンドブラストを「工芸」として地位を高めたいと研究・開発活動されている教室でした。
何も知らずにネットで見つけて訪れたのですが、
はじめてでも、かたちになるサンドブラストの手軽さはもちろん、
表現方法の多様性や奥深さ(難しさ)にもふれ、
非常に興味深く色々な可能性を感じさせてもらいました。

先生は、彫刻しやすいオリジナルの機材の開発や、技法の研究、啓蒙活動に尽力されている方で、
全国から経営に行き詰ったサンドブラスト加工業者がくる駆け込み寺のようなところだとききました。

私もかなりその考え方の影響をうけまして、
作品作りは名入れや単彫りだけではないものをお届けしたい
ひとつひとつ職人さんが手造りで吹いて作った「ガラス生地」を最大限活かしたものが作りたい
という思いが強く、
ひとつひとつ手間をかけて仕上げる作品作りにこだわって日々制作をつづけてきました。
作家として成りたいならば、10年間は技術にこだわって、
・転写フィルム(カットの必要がないマスキングシート)には手を出さない。
・カットと素材に向き合うこと。
・1週間に1回でもいいから彫り続けること。
を心におきながら、3度の出産・育児をしながらもサンドブラスト活動を続けてきました。
何をもって作家と呼ぶのか、いつになったら成れるのか、は難しいところではありますが、
サンドブラスト技法を主軸に、これからもいろいろな可能性にチャレンジしていきたいと思っています。

サンドブラストの彫刻技法にご興味のある方は、こちらの教室をおすすめ致します。
 彫刻硝子ワタベ http://choukokuwatabe.la.coocan.jp/index.html

saori

© 2021 サンドブラスト ガラス工房SAORI~glass.saori~